MENU

中古PCのメリットとデメリット(注意点)

PCを購入する場合、気になるのは性能と価格です。

性能を求めると、CPUのメーカーや世代、メモリーやストレージの容量などを考慮して価格が爆上がりしがちです。

そこで、中古PCも選択枝にいれると、かなり選択の幅が広がります。

しかし、中古PCは中古車と同じく、購入には考慮や注意すべき点がいくつもあります。

今回、自分で中古PCを購入しましたので、気づいた点を踏まえてお伝えします。

目次

中古PCを購入しました

動画編集を学習したいと思い、性能の良いWindows PCを揃えたかったのですが、新品だと結構なお値段がします。
そこで中古PCを探して、納得ができるものが手に入りましたのでご紹介します。

機種:HP EliteBook 1050G1 (15.6型ノートPC)
発売:2018年(購入年2023年)
購入金額:¥56,800
スペック:SSD512GB, メモリ16GB, Windows11アップグレード済み, Core i5(6コア), GPU(NVIDIA GeForce4GB), 3年保証付

5年落ちのPCですが、スペック的に高機能なので動画編集も問題なく使えています。
価格も発売当初の約1/3程度なので助かりました。その分、RAMメモリを32GBへ増設できました。   

中古PC購入のメリットとデメリット(注意点)

メリット

中古PCは何といっても新品に比べて価格が安く、またリユースは環境保護にやさしいです。
本体が安い分、メモリーやストレージなどのアップグレードが図りやすいです。

また、中古PCは車と一緒で高価消耗品なので、中古市場も充実しています。

デメリット(注意点)

しかし中古PCは製造年やグレードが幅広く、部品の劣化による個体差による当たりはずれがあります。
また、OSのバージョンも比較的新しいものから、サポートが切れているバージョンなどさまざまなので、注意が必要です。

そのため購入には押さえておくポイントがいくつかありますので、ご紹介いたします。

中古PCの押さえておくべき性能(WindowsPC/2023年現在)

CPU中央演算処理装置)

CPU

CPUとは、PCの制御やデータの演算を行うPCの脳と言われるものです。

市場の多くはインテル社とAMD社製で、通常使用の場合はインテルCore i5以上AMD Ryzen 5以上あれば問題ありません。


仕事で画像や動画を扱う場合はCore i7以上、AMDはRyzen 7以上をおすすめします。
(同じCPUでも販売時期で世代が違い性能も変わってきますので、仕事で使用する場合はできるだけ新しい世代のものを選びましょう。
また、ゲームや動画編集で使用する場合は、別にGPU(画像処理装置)を搭載したものをおすすめします。)

メモリー(RAM)

RAM

快適な作業を行うためにはメモリは、とても重要です。
例えればストレージ(HDD/SSD)が本棚とすれば、メモリは机です。
いくら本棚が大きくてたくさん本があっても、作業する机が小さければ、開ける本が限られるので作業が遅くなります。

通常使用では8GB以上仕事で画像や動画を扱う場合は16GB以上が必要です。
(中古PCをおすすめする理由に、メモリー、SDDのバージョンアップがしやすいことがあります。
ぜひメモリー16GB以上を積んでみてください、ほんとうにストレスフリーです。)

より大きな容量のものに変換(換装)する場合は、購入時にショップに依頼するか自分でメモリーを購入して装着します。(ご自分で換装した場合は、購入ショップの保証が受けられなくなる可能性もあるのでご注意ください。)

ストレージ(HDD/SSD)

SSD

最近では、読み書きの速度がHDDより速いSSDが普及してきています。
内蔵のストレージとしてはSSDをおすすめします。

SSDの容量は大きいほどいいですが、最低では128GBからのものが多いようです。

通常使用では256MB以上をおすすめします。
(容量が少なくなると動作が重たくなりますので、できるだけ容量は大きいものを選ぶ方がよいでしょう。
最近では製品によりますが、SSDの価格も下がってきて、1TB(1000MB)が1万円以下で購入できるようになってきました。)

より大きな容量のものに変換(換装)する場合は、購入時にショップに依頼するか自分でメモリーを購入して装着します。(自分で換装した場合は、購入ショップの保証が受けられなくなる可能性もあるのでご注意ください。)

OS(オペレーティング・システム)

Windows11搭載済み、あるいはWindows11にアップグレード可能なWindows10 PCをおすすめします。

Windows10はマイクロソフトのサポートが2025年10月14日で終わりますが、各バージョンによりサポート終了日が違います。(バージョンの確認方法:スタートアップ設定システム詳細情報バージョン

バージョン開始日終了日
19092019/11/122021/5/11
20042020/5/272021/12/14
20H22020/10/202022/5/10
21H12021/5/182022/12/13
21H22021/11/162023/6/13
22H22022/10/182024/5/14
Windows10各バージョンのサービス期間 (引用元:Microsoft Learn)

サポートが切れても使用できないことはありませんが、ウイルス対策等のアップデートもストップします。

(現在Windows10から11へ無償アップグレードができますが、可能なPCのスペックは限られていますので要注意です。マイクロソフトは目安として2017年製以降のPCはクリアしているといっていますが、ホームページ、ショップ等で確認してください。)

中古PCの購入先

中古PCを購入する先としては、中古PCの専門店をおすすめします。

その店の基準にもよりますが、専門のスタッフがクリーニングからメンテナンス、動作チェックまで行ったものが販売されています。
また専門店は、購入後の不具合があった場合、期間の差はありますが保証期間を設けています。
保証は中古PC購入ではとても重要で、安心の目安になります。

専門店以外の個人売買やリサイクルショップでは品質が保証されない可能性が高くなります。
しかし、中古PCは現物の数が限られていますので、複数のショップでお目当てのPCを探す必要があります。

おすすめ中古PC専門店

コスパ抜群の中古PC【Qualit】

【Qualit】

パソコンに詳しい友人が出来たような安心感を皆様に!中古パソコンくじらや

【くじらや】

良いものお安く、買ってお得。【中古パソコンジャンクワールド】

【ジャンクワールド】

再生Windows販売数 日本No.1の「パソコン市場」

【パソコン市場】

業界最長クラスの1年保証がついた高性能再生パソコン専門店【PC next】

【PC next】

激安1万円〜のパソコンなら【PC WRAP】

【PC WRAP】

まとめ

中古PCは、保証のある専門店で購入すれば比較的安心です。
また、スペックも十分確認して、必要ならメモリー、ストレージをバージョンアップすればより長く使用できます。

中古PCは本体価格が断然やすいので、その分内臓のHDを大容量SSDに替えたり、RAMを増設したりと性能のアップグレードがしやすいのもメリットだと思います。

新品の高いPCを購入して、容量の少ないストレージ、8MBなどのRAMで作業にストレスを覚えるくらいなら、アップ・グレードされた中古PCの選択も大ありだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次