MENU

ボブ・マーリー:ONE LOVE観てきました

ワンラブアイキャッチ

伝説のレゲエ・ミュージシャンの半生を描いた映画「ボブ・マーリー:ONE LOVE」を観てきました。
地方の映画館で平日ということもあってか、観客は私を含め6名でした。
あまりの少なさに少し寂しさを感じましたが、反対にその場の観客に「ブラザー!」と声をかけたくなりました。

1970年代は、彼の国ジャマイカは社会情勢がとても不安定で、1976年12月にリハーサル中に銃撃を受け仲間に重傷者が出ましたが、彼はけがを負いましたが無事でした。

その後はイギリスに渡り、世界へ向けて彼の音楽を広めていきます。
しかし彼は心の中で、ラスタファリ運動の思想をもとに、祖国を救いたいという願いを持ち続けました。

実際に、映画で彼の半生を見ると、ほんとうにまっすぐな心をもった人だったのだなと思わず涙がでました。
ぜひ、機会があれば観てください。

  • ボブのレパートリーで「ノー・ウーマン、ノー・クライ 」という素敵な曲を訳しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次