泣ける洋楽名曲

泣ける洋楽名曲

若い時から洋楽が好きで、今でもよく聴いています。
特に1960年~80年代の洋楽には名曲がたくさんあります。

そんな名曲たちを、若い人たちにも知ってほしい、聴いてほしいと思い、
訳詞を含めた紹介サイトを作っています。

洋楽和訳 若者に捧げたい名曲

その中から、特に泣ける洋楽名曲を4選ご紹介いたします。

目次

Scarborough Fair(スカボロー・フェア)/サイモン&ガーファンクル

もとは古いイギリスの民謡で、伝承的に伝えられてきたバラッド(Ballad)といわれる歌です。
それをサイモン&ガーファンクルがカバーし、大ヒットしました。

主人公はスカボロー市場へ行くという人へ、そこにいるという愛する女性への伝言を頼みます。

それは、針を使わず、縫い目もないシャツを作ってくれ、海の中に家の土地をさがしてくれ、ヘザー(植物)を革の鎌で刈り取ってくれなど、不可能なことばかり伝言します。

中世のイングランドでは戦争が多く、おそらくこの女性も亡くなっていて、もし奇跡が起きてこの無理難題が一つでも可能になったら、彼女は再び現れてくれる。
そんなせつない主人公の想いが込められています。

また、歌詞の中にコーラスで”Parsley, sage, rosemary and thyme“(パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム)とハーブの名が出てきます。
これは、彼女が庭にハーブを植えていたのでしょう、主人公との幸せな生活が目に浮かんできます。

歌詞の内容を理解して聴くと、涙が止まらない曲です。

紹介ページはこちら⇒ Scarborough Fair(スカボロー・フェア)

The Water Is Wide(悲しみの水辺)/カーラ・ボノフ

この曲も、スコットランドに伝わる古い民謡です。

Peter,Paul&Mary(ピーター・ポール&マリー)やKarla bonoff(カーラ・ボノフ)がカバーしてヒットしました。
NHKのTV番組「まっさん」の中で、エリーが口ずさんでいることでも知られました。

「この河は広すぎて、私には渡れない」
と静かに歌い出すこの曲は、愛する人とこの世では結ばれない悲しい恋を歌っています。

「ボートを下さい、二人が乗れるほどの」「それから二人で漕ぎだすの、私の愛する人と」
二人がボートを漕ぐように、二人でいられる世界へ旅立っていく、、、

そんな悲しくも、せつない情景を想像させる名曲だと思います。

紹介ページはこちら⇒ The Water Is Wide(悲しみの水辺)

We’re All Alone(ウィ・アー・オール・アローン)/ボズ・スキャッグス

1976年にボズ・スキャッグスがリリースしたシングル「リド・シャッフル」のB面に収録された曲ですが、その後リタ・クーリッジなどのカバーで再評価されました。

愛する人を残して死んだ主人公が、いつまでも自分を想って泣いている恋人に向けて、「もう泣かないで、僕たちはいつもいっしょだよ」と語り掛ける。

人は大事なものを失ってから、その大切さを思い知ると言われますが、この主人公も「今まで忘れていたけど、僕たちはこの世で二人きりの存在だった、君は唯一無二の大切な人だった」と振り返っているように思えます。

紹介ページはこちら⇒ We’re All Alone(ウィ・アー・オール・アローン)

Summertime(サマータイム)/ジャニス・ジョプリン

1936年にビリー・ホリディのカバーがヒットして以来、ジャズのスタンダード・ナンバーとなった曲です。

歌詞は、1920年初頭の南部の貧しい黒人の生活を描いたオペラの挿入歌で、悲惨な生活の中でも将来のわが子の幸せを祈る子守歌です。

歌詞自体も極悪な貧困の中で、わが子の幸せを子守歌として祈る哀しい歌ですが、それにもまして、ジャニスが歌うと、なにか彼女が幼少から感じていた孤独や疎外感による哀しみを、ストレートに魂の叫びとしてぶつけているような気がします。

なぜだかわかりませんが、自然と涙がこぼれてきてしまいます。

紹介ページはこちら⇒ Summertime(サマータイム)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次