セルフカット~節約

約3年間、理容院へ行かずセルフカットをしています。
セルフカットを始めたきっかけは、行きつけの理容院の予約がお店の事情で取れなくなったためです。
しかたなく、少しずつ伸びたところをつまんでカットしていたところ、変にならないことに気ずきました。私の場合、くせ毛ということも幸いしたのかもしれません。
慣れてくると、バックのカットも少しずつできるようになり、楽しくなってきました。

仕事のお客さんからも、若ぶりになられましたね!最近髪型変えた?って言われたり、
セルフカットしてるというと、一様に皆さん驚かれるようになりました。
しかたなくセルフカットをしているというよりは、今では楽しい習慣の一つになりました(^^♪

セルフカットのメリット

  • 散髪代の節約:散髪代金3,000~4,000円の場合、年間36,000~48,000円の節約
  • 時間の節約 :理髪店への生き帰りと理髪時間の1~2時間の節約
  • 均一な長さをキープできる:散髪店でカットの場合、短い時と長い時のスタイルがアンバランス
  • 楽しみになる:人それぞれですが、私は楽しんでます(^^♪

セルフカットのデメリット

  • 技量が必要 :自分でトライする気持ちと研究心が必要
  • 失敗が心配 :外に出れなくなる。仕事に行きずらくなる

セルフカットの方法

使う道具は、普通のハサミとスキバサミがあればいいと思います。(技術でカットするのではないので、専用のハサミは必要ないと思います。)あと、レザーカッターも仕上げにあれば便利です。

カットは指と指の間に髪を挟んで、指から出たところをカットしますが、少しずつ先を揃えていく感じです。
後ろは三面鏡を見ながら、同じく指で挟んで、出た髪の毛を揃えていきます。
最初は難しいですが、ゆっくり、少しずつやっていけば、次第に慣れていきます。

セルフカット
セルフカット

サイドはクシを充てて、出た先をカットします。










最後にボリュームが気になるところや切り口を目立たなくしたいところに、スキバサミやレザーカッターを入れると、髪が自然に馴染むと思います。

私のように、くせ毛の方はやりやすいと思います。
ストレートな方は、少しむずかしいかもしれませんが、まずは局所的に少しずつ試されたらいいと思います。
セルフカットを失敗しないコツは、伸びが目立ったところ、膨らみすぎて少し薄くしたいなと思うところを少しずつ、処理していくのがいいと思います。
一度にするのでなく毎日少しずつ、、、です。