CPAP(シーパップ)~元気の源

睡眠時無呼吸症なので、CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)を毎日して寝ています。
やっと慣れて朝までできるようになりました。

この病気が有名になったのは、2003年岡山で新幹線運転手の居眠り事故ですが、
最近の研究では、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす要因になっていることが明らかになっています。

無呼吸になると空気が吸えない空気中の酸素が肺に入らない身体が低酸素状態心臓や脳に過度な負担がかかるということが、原因の一つと言われています。また、睡眠中に無呼吸が起きると、脳や身体が休めないので睡眠の質も悪くなって、昼間眠たかったり、疲労がたまったりします。
私は、いつまでも元気で遊びや仕事したいので、自分から使っています(^^♪

健康保険適用(睡眠時無呼吸の検査で判定が必要)ですので、気になる方は医療機関を受診されることをお勧めします。